兜汕苣サ作所 沿革


昭和21年03月 渋谷区代々木初台に於いて自動交換機の板金部品加工業として発足
昭和23年01月 現在地に移転し航空無線機の板金部品加工に携わる
昭和31年03月 有限会社に組織変更 資本金120万円 代表取締役 福井清就任
昭和34年04月 三菱電機梶@本社電子機器部殿と取引開始
昭和34年04月 島田理化工業鞄aと取引開始
昭和34年08月 アルミ板金加工に進出するためアルミスポット溶接機導入
昭和35年09月 代表取締役 福井京就任
昭和36年12月 資本金270万円に増資
昭和37年03月 三菱電機滑剔q製作所・通信機製作所と取引開始
昭和37年06月 資本金500万円に増資
昭和41年06月 曲げ加工効率化のため油圧ブレーキプレスベンダに切り替え
昭和42年08月 単体加工から表面処理付きの複合受注開始
昭和45年01月 シャーリングの自動化のためメカニカルギャップシャー導入
昭和45年08月 曲げ加工の効率化のためNC油圧ブレーキプレスベンダ導入
昭和48年03月 事業拡大のため本社工場ビル建設 5階建て延べ床面積1320u
昭和48年11月 抜き加工の効率化のためユニパンチプレス導入
昭和51年09月 代表取締役 福井晃就任
昭和54年07月 抜き加工の効率化のためNCターレットパンチプレス導入
昭和60年02月 タッピング加工効率化のためにNCタッピングマシン導入
昭和60年 半導体及び液晶製造装置の板金加工に参入
平成02年01月 事務仕事の効率化のため東京三菱銀行CAMS導入
平成02年07月 設計作業を得意とする潟eクニカルプロを4社共同出資により設立
平成03年08月 異種金属板の溶接方法で特許認証を得る
平成04年09月 資本金1000万円に増資
平成08年10月 株式会社に組織変更
平成11年05月 薄板精密板金受注拡大のため薄型専用NCパンチプレス導入
平成13年02月 半導体製品組み立てのためクリーン組立工場設置
平成18年01月 大田区城南島に組立工場設置
平成19年05月 キヤノン洗浄認定会社に認定
平成22年08月 溶接歪み対策と溶接受注拡大のためYAG溶接機導入


トップ画面に戻ります